AVP - Dedicated Server について(改訂版)

3月4日の記事で一度紹介しましたが、もう一度書いておきます。

AVPでのDedicated Serverのたて方

1.
Steamの上にあるタブ"表示→ツール"から、Aliens vs Predator Dedicated Server を
インストールします。

2.
AVPがインストールされているフォルダ、
(例として、

C:\Program Files\Steam\steamapps\common\aliens vs predator dedicated serverに、

空の.cfgファイルを作成します。

右クリック→新規作成→新規テキストドキュメントで作成し、ファイル名をdefault.cfgにします。
(拡張子を.cfgにすること)

Windows7なら、
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\aliens vs predator dedicated serverフォルダを開き、Altキーを押す。

ツール→フォルダーオプション→表示

"登録されている拡張子は表示しない" のチェックマークを外す。
適用をクリック。
これで拡張子が表示されます。


3.
メモ帳などのテキストエディタで次のように編集します。
//部分は自由に記述ができる除外部分です。
以下は記述例。





// Example default.cfg

servername "AVP - TEST SERVER" // サーバーの名前
maxplayers 18 // サーバーの最大入室人数 最大18人まで
password xxxxxxxx // サーバーに鍵をかける場合、ここの記述が必要
rconpassword xxxxxxxx // サーバーのリモートコントロールパスワード
motd "Welcome to My Server !!"// ロビーに表示されるメッセージを記述

addmap Ruins TDM tl=15 sl=0 // tl=タイムリミット(分) sl=スコアリミット(キル総数)
addmap Temple TDM tl=15 sl=0
addmap Jungle TDM tl=15 sl=0
addmap Refinery TDM tl=15 sl=0
addmap Gateway TDM tl=15 sl=0
addmap Pyramid TDM tl=15 sl=0
addmap Docks TDM tl=15 sl=0
addmap Outpost TDM tl=15 sl=0
addmap Furious TDM tl=15 sl=0
addmap Crashsite TDM tl=15 sl=0

// 種族の比率を決める事ができます 比率により、チームのバランスを決めれます
// 必ずしも、ここの記述は必要ないので、面倒くさい人は書かなくて大丈夫です。
predatorratio 1 // 1~4を記述
marineratio 2
alienratio 3

// true=1 false=0 0が無効 1が有効
speciesbalancing 0 //  自動種族バランス調整
teambalancing 0 // 自動チームバランス調整
friendlyfire 0 // フレンドリーファイアをONにするかしないか

authport 270xx // Steam authorisation port。UDPでポート開放。
gameport 270xx // Game data port。UDPでポート開放。
UpdatePort 270xx // Steam master server updater port。UDPでポート開放。
LobbyPort 270xx // Lobby data port 。 TCPでポート開放。
AutoStartOnAllReady 1 // ロビーで全員Ready状態になるとゲームスタート
AutoStartTime 90 // ラウンド間の自動ゲームスタート時間
host // この記述がないと起動しません








動作可能マップ一覧

Dedicated Serverなら、Player Hostではマップにより人数制限がかかるのを
無視できます。8人向けのJungleで18人という大乱戦もできます。

Jungle(8人向け)
Ruins(18人向け)
Temple(12人向け)
Pyramid(12人向け)
Gateway(18人向け)
Refinery(12人向け)
Docks(8人向け)※
Outpost(12人向け)※
Furious(8人向け?)※
Crashsite(18人向け)※


※DocksとOutpostはSwarm Mappack。
※FuriousとCrashsiteはBughunt Mappack。




現在動作可能なゲームモード

Survivorモードついては、Dedicatedサーバーでは今のところ無理です。

DM (Deathmatch)
PH (Predator Hunt)
TDM (Species Deathmatch)
IN (Infestation)
MSTDM (Mixed species Deathmatch)
DOM (Domination)





同フォルダに、

DedicatedServerReadme.txt
DedicatedServerCmdRef.pdf

があるはずなので、よく読んでおきましょう。
pdfファイルにはサーバーコマンドが載っています。
コマンドを駆使すれば、プレイヤーのキックやBANもできます。
BANすると自動的にBANリストに追加されます。
他にも画面を起動しながら、いろいろな変更が行えます。


4.
"ツール"のところからAliens vs Predator Dedicated Server を起動すると、
サーバー画面が立ち上がります。
昔は、画面を大きくしてしまうとフリーズするというバグがありましたが、
今は修正されていて、問題ないです。

画像


5.あとは、Steamのサーバー検索やAVPのサーバー検索に引っかかるはずですので、
探してみましょう。尚、環境によるかもしれませんが、自分の立てたサーバーは
 "LAN"のところにあるので注意!



★追記事項★

<やっておきたいこと>
サーバーを起動する際には、セキュリティソフトの除外設定と、OSのファイアウォールを切る事も忘れずに行いましょう。



<使用するポート番号>
それぞれのポートですが、私の場合は、

authport 27021
gameport 27022
UpdatePort 27020
LobbyPort 27019

という感じで開放しています。
問題なく動くので、困ったら上に書いた番号にするといいかもしれません。



<自分のサーバーが見つからない・・・>
LANのところに表示されます。
ここに無い場合は、立てるのに成功していない確率が高いです。


<間違ってあるプレイヤーをBANしてしまった!!!>
サーバー起動画面からコマンドでBANプレイヤーの除外ができます。
DedicatedServerCmdRef.pdfにコマンドが載っています。


<ポートが開放できません>
ポートはルーターの機種によって、設定が変わるのでなんともいえません。
下記のlinkを参照に挑戦してみましょう。
あとはググってください。

http://akakagemaru.info/port/index.html





ざっと書いてみましたが、気が向いたらサーバーコマンドの解説もやろうかなと思っています。

この記事へのコメント

sonar6
2010年11月17日 21:13
大変参考になりました!!ありがとうございます!
john
2010年11月18日 01:58
自分も試してみます。隊長何時もありがとうございます!

この記事へのトラックバック